家族が帯状疱疹になった時の治療について

旦那が帯状疱疹になりました。
症状が出た日は、日曜日だったのですがお腹に大き目な発疹が複数ある事に気が付きました。
よく見ると背中にも出来ていたので、すぐに休日診療センターへ行きました。
診察の結果は、すぐに帯状疱疹だと言われ、抗生剤と痛み止めの内服薬、ステロイドの塗り薬を貰ってきました。
しかし、薬を貰っても背中に痛みがあるといって、夜はあまり眠れなかったようです。
次の月曜日はたまたま祝日でしたのでのんびりと過ごしましたが、もらったお薬を飲み切っても発疹が消えていませんでした。
家の近くにある皮膚科を改めて受診して、別の飲み薬を処方されました。
しかし、痛みはすぐには取れないようでした。
お薬をきちんと使っていると、徐々に発疹も治って、いつの間にか痛みも気にならないようになっていったようでした。
旦那の話では、帯状疱疹がこんなに痛い病気だとは思わなかったし、お年寄りの仕事だと聞いたことがあったので20代の自分がなるなんて驚いたと言っていました。
家族の私から見ていても本当にいたそうに見えました。
もし、帯状疱疹になった場合は仕事も無理せず、痛み止めを上手に使って痛みと発疹が引くのを待つようにして下さい。